株式会社 氷感サプライ

氷感とは

氷感庫 3つの特徴

食材の命、鮮度を長持ちさせることを「氷感」が実現します

氷感とは、氷感庫内にかける特殊な静電エネルギーによって0℃付近を中心に食材の長期保存と熟成を可能にし、細菌などの増殖を抑制して、食材の鮮度を保持できる次世代型の保存システムです。

長期保存

氷感庫内で保存することにより、
今までの保存に比べ飛躍的に鮮度を
保つことが可能になります。

ロスの削減

鮮度を保持しながら長期保存できる
ので食材のロスが今までより少なくなり、無駄がなくなります。

氷感熟成

低温熟成と静電エネルギーによる熟成で美味しさがアップします。

静電エネルギー作用

静電エネルギーを与えることにより、食材の氷結点付近でも凍りにくい状態にし、0℃付近での長期保存が可能となります。
また、静電場環境によって発生する微量オゾンの殺菌・消臭の働きにより、劣化原因でもある、菌の増殖が抑えられるため相乗効果が得られます。

メーカー特許(取得特許・実用新案)
・特許第3862085
・特許第4563916
・実用新案第3140667
・実用新案第3165951
・実用新案第3152844

※保存物の個体差・産地によっては、保存結果に違いのでるものもあります。

氷感保存のしくみ

氷点下でも凍りにくいしくみで、美味しさをそのままに

冷凍した食品に含まれる水分は体積が膨張するとともに食材の細胞壁が劣化してしまうため、冷凍した食材を解凍すると、壊れた細胞壁から水分とともに食材の旨味が流れ出てしまいます。
そこで、氷感庫は氷点下でも凍りにくいしくみで食材の美味しさを保ちながら長期保存をします。

氷感庫の食材が凍りにくい理由

水分子は通常の温度の場合、引っ付かず一定の間隔を保っています。
冷凍庫では、氷点下になると分子同士が引っ付き凍ってしまいます。
氷感庫は、高い電圧を流すことで微振動を与えて引っ付かせない状態をつくるため凍結点付近でも食材は凍りにくくなります。

氷感庫の主な構造

食品の凍結点の一例

含水率三訂日本食品標準成分表(科学技術庁資源調査会編)昭和48年3月による。

氷感の実力徹底比較

食材の鮮度をそのままに保つことを実現

長期保存の難しい食材や、痛みやすい果物、見た目が重要な生花などを長期保存する氷感庫の実力は、通常の保存方法との違いを写真で見比べるとはっきりと分かります。

牛肉(保存1ヶ月目)

高級食材もより美味しく、より長持ちします。

マグロ(解凍1日目)

長期保存の難しい食材もそのままに。

ウニ(保存2週間目)

レタス(保存2週間目)

外葉もみずみずしく鮮度を保っています。

イチゴ(保存3週間目)

痛みやすい果物も新鮮そのままに。

(保存1ヶ月目)

(保存2週間目)

儚い花もそのままの美しさを保っています。

氷感とは