株式会社 氷感サプライ

[氷感熟成] 美味しさを引き出す 〜氷感熟成〜

「氷感庫」で保存することで、食材の鮮度を長持ちさせるだけではなく、二次的な効果で食材の「うま味」を引き出すことができます。保存前よりも「氷感庫」で保存した後の方が食材がより美味しくなるのです。

これは、食材によっては時間をかけて「熟成」することで、酵素の作用で分解されて、特殊な風味やうま味が出ることがあるのですが、氷感庫で保存をすると、鮮度を保ちながら熟成をする「氷感熟成」を実現することができるのです。(※詳しくはお問い合わせ下さい

豚肉

 

氷感庫で保存した豚肉は、3週間目でも鮮度が落ちません。しかも、うま味成分であるアミノ酸は通常保存したものよりも多く含まれる結果となります。100種類以上あるといわれるアミノ酸のうち、基礎代謝量を増加させるアルギニンや、人間の体内で合成できない必須アミノ酸のロイシン、志望燃焼を助けるアラニン、うま味成分として有名なグルタミン酸などが特に増加が目立っています。

うま味成分の増加(豚肉)